• ai fukuda

秋分の日にイタズラしちゃうぞ!


9月23日秋分の日の午後。

玄関先から、

英語で叫び声が聞こえてきました。

外へ出てみると、

小学3、4年の男の子と女の子が、

仮装をして立っていたんです。

「トリック・オア・トリート!」

(訳:お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)

ハロウィンです!

え!?

「今日は、ハロウィンの日じゃないけど?」

と、冷静に伝える私(笑)

そして、質問攻め。

この近くの子ではないらしい。

でも、お菓子をたくさんもらっている。

ハロウィンが浸透していない町で、

これだけお菓子をもらっているとは!

と、感心するばかり(笑)

私の一番の疑問は、

「なんで今日やってるの?」

その答えが、

「やりたかったから」

「やりたかったから」

!!!!!!!

やりたいからやる。

このシンプルな動機に、

優るものはないと思います。

すばらしい!

ということで、

お菓子をあげてもいいかな、

と思ったのですが、

我が家には、

秋分の日だけに、おはぎ

(但し、昨日が消費期限)

そして、食べかけのピーナッツ類1袋のみ…。

「あげられるお菓子がないねん」

「ごめんな」

お菓子がない家なんて、あるのか!?

という疑いの目で見つめられたので、

「来年の秋分の日には、

お菓子を用意しておくので、

いたずらだけはやめてね」

という気持ちを目に込めて、

見つめ返した私。

それにしても、

USJのCMの影響などで

ハロウィンの日が毎日あるかのように、

子どもが勘違いしてもしかたがなく、

季節外れのハロウィンが

成り立っているのかなと

勝手な推測をしてしまうのですが、

子どもたちにとっては、

やれない理由などなく、

やりたいことをやっているだけ。

ついつい理由づけして、

やりたいことをやらなかったり、

先延ばししたりする大人は、

見習わないといけないなあと思う

ハロウィンまで残り38日

という日の出来事でした。

「ハロウィンの次の日は、

じぶんリサーチインタビューがある日よ」

#心地よい選択

40回の閲覧