• ai fukuda

仕事で家庭で旅行で、わからないときに、勇気を出して質問できる考え方


わからないことがあるとき、

あなたはどうしますか?

スマホで検索しても、わからないことです。

こんにちは。

じぶんを整え

じぶんにフィットする

ゴキゲンな生き方をサポート

VERY PARADISE!の福田愛です。

例えば、スーパーで。

ワサビの売り場がわからないとき。

店員さんに訊いたら済む話でしょ。

と、思った人は、

このあとは、読まなくてもOKです。

・店員さんは忙しいんだし、ワサビごときで訊くのは迷惑。申し訳ない。

・ワサビごときで、何でわからないの!というような顔をされたら嫌だな恐いな。

・ワサビごときで訊くなんて、恥ずかしい。プライドが傷つく。

と思った人は、

このあと、読み進んでくださいね。

(ワサビごときって言ってしまって、ワサビさん、ごめんなさい💦)

だって、わからないことは、

質問したらいいだけなんですから!

質問することで、

人生が変わることだってあるんですから!

ちなみに、スーパーでワサビは、

私の父と小学生の甥っ子のことで。

ワサビごときで恥ずかしいと思う父。

すぐ店員さんに訊く甥っ子。

どこにあるだろう、ここじゃない、ここかなぁ、と迷っているよりも、訊いたらほうが早い。

甥っ子は、わらかないことがあれば、

何でもすぐに訊く子なんです。

なんの躊躇もありません。

そうすることが当然だと思っているから。

(甥っ子の母親もそのテの人です)

だから、私は、「ちょっと訊いてきてー」とパシらせます(悪いオバ、笑)。

ちなみに、スーパーでバイトした経験のある私から言いますと、

質問されるの、嫌じゃないです

それも仕事の一つですし、仕事じゃなくても、嫌じゃないです。

自分がもし質問される立場だったら、どう?という想像力をフル稼働させてみたら、きっと、質問することに抵抗がなくなるのではないでしょうか。

自分にばかり気持ちを向けているよりも、相手の立場から自分を見てみることも大事ですからね。

訊くと、知識を得られる。

訊くと、時間を有効活用できる。

ワサビじゃなくても、生きていくなかで、わからないことって、たくさん出て来ますよね。

例えば、ケーキ教室で、ポツリと一人だけビギナーとして混じるとき。(私の実話です)

材料の混ぜかたも大事っていうけど、どうやって混ぜたらいいんだろう、

という疑問が出てきます。

でも、そんな基本的なことを訊いたら、

バカにされそうだな。

先生の時間を割いてしまうな。

とは思わないで、

積極的に質問するんです。

そう、私、質問するんです!(笑)

以前は、プライドの高い女でしたから、

質問できませんでしたよ。

わからないときは、まわりの人のを見て、

どうにかこうにかやってる派でしたよ。

でも、今は違います。

他にも、アホほど質問しましたし~(笑)

なんといっても、質問すると、

先生は、喜んで教えてくれますから。

教えるのが好きだから、先生なわけで。

教えたいんです。

上手な人ばかりだと教えることが減ってつまらないんです(想像)

結果、丁寧に教えてくださいました。

なんなら、他の生徒に訊いても、

喜んで教えてくれますよね。

先輩ヅラして、喜んで教えてくれますよ(笑)

誰だって、自分ができるころを訊かれると嬉しいものですからね。

っていうか、ほんと、細かいことを知らずに作ると、おいしいケーキはできないですからね。

私は、質問しまくったおかげで、おいしいケーキができあがりました❤

ケーキだけじゃなくて、なんでも、上手な人に訊くと、なるほど!となるものです。

例えをもう一つ。

仕事上で、夫婦間で、親子間で、友だち間で、ご近所さんとの間で、ラインやメールで、

「これって、こういうことなのかなぁ。どういう意味なのかなぁ」

という言い回しに出会うこってありますよね?

推測するのも楽しいかもしれませんが、いや、疲れるか…。

わからないことがあれば質問する。

「なんだ、そういう意味だったのかぁ」

と、すぐに安心できますから。

なかには、「なんで、わらかない?」と噛みつく人がいますが、その人は、

わかりあえる奇跡」を知らないだけなんですよね。

詳細はこちらをクリック!

ああでもない、こうでもない、と頭をぐるぐるさせる時間は、無駄ですよね。

もったいない!

質問が嫌で、「○○○ということだと思ってたあ」という人がよくいるんですが、

それは、危険ですね。

そう言うときは、だいたい「思ってたこと」が間違っているとき。

その人も、「わかりあえる奇跡」を知らないですね。⇒詳細はこちらを

おしえてあげてください。

でないと、仲違いの元になりますので。

疑問がわいたとき、

勇気を出して

すぐに質問できるかどうかで、

その後、

大きな差が出てくることは

間違いない!

恥ずかしい

プライドが傷つく

恐い

申し訳ない

と思う人が必要なのは、勇気。

大きな勇気じゃないですよ。

小さな勇気でいいんです。

わからないことは、質問しましょ!

対話しましょ。

恥ずかしい

プライドが傷つく

恐い

申し訳ない

を打ち消すほどの、得をしますから。

というblogを作成していたら、

スイスのエヴォ―レヌ村

母と旅したときのことを思い出しました。

宿のおすすめのレストランで、

ラクレットを食べていたんです。

ラクレットとは、

チーズの断面を暖炉の直火で温めて、

溶けたところを削いでジャガイモなどに絡めて食べる料理のことです。

ちなみに、私の英語は中学生レベル。

母は、私に頼りっぱなし。

小さなお皿に、少しずつ入れてもらうのですが、

お皿一枚に値段がついているのか。

何皿でも食べ放題なのか。

どちらか、わからなかったんですよね。

だから、質問したい。

でも、英語がわからない。

質問したくても、できない。

得意のジェスチャーでも、説明しづらい。

ということで、お皿2枚で辞めて、

他の料理をオーダーしたんです。

そんな記憶が蘇ってきたこともお伝えいたします。

結局、食べ放題だったんです…。

いい思い出です。

旅するときも、わからないことがあれば、

即質問。

いろんな出会い、いい思い出が作れますよ。

(ラクレットのときの私は、質問できてませんけどね、笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VERY PARADISE!は、

じぶんを整え、じぶんの望みや気持ちにフィットするゴキゲンなライフスタイルをサポートしています。

VERY PARADISE!についてはこちら!

「整える」とは、

自律神経のバランスを整えること。

自分の芯を整えること。

つまり、心身ともに整えることです。

仕事で、家庭で、プライベートで、

うまくいかないことがあったり、

思うように行かないことがあったり、

困りごとがあったり、

さらには、体にプチ不調がずっとあったり、

そんなときは「整える」ことが大切!

じゃあどうやって?

↓ ↓ ↓ ↓

VERY PARADISE!の講座についてはこちら!

↓ ↓ ↓ ↓

うまくいかないことを解決して、

心身ともに整え、

自分にフィットする

ゴキゲンな生き方・暮らし方を

マンツーマンで

丁寧に探していく

カウンセリングでもなく、

コーチングでもない

「インタビュー」についてはこちら!

講座情報をいち早く知りたい!

自分を整える言葉や考え方、

自分の望みどおりに

うまくいく方法を知りたい!

自分の気持ちにフィットする暮らしを知りたい!

という人は、無料メールニュースに登録して読んで下さいね♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

無料メール簡単登録はこちら!

#人間関係 #モヤモヤ

0回の閲覧