• ai fukuda

里山リトリートvol.2<血行をよくして、冷え改善へ>レポート③冷えやすい体を確かめ整える編


大阪・能勢町で開催した【里山リトリート~自然に癒され、自分と向き合う~】のレポートです。

レポート①⇒クリック!

レポート②⇒クリック!

をまずはチェックしてくださいね。

で、レポート③は、冷えやすい体を確かめ整える時間から。 まず、冷えやすい体って? 血液が、体の隅々にまで行きわたっていない体のことです。 つまり血行不良。

となると、酸素や栄養がたくさん運ばれず、普段に動くためのエネルギーが細胞内で作られにくいし、あらゆる臓器の働きが弱まるしで、冷えまっしぐら💦 でも、ご安心を。ほとんどの人が、冷えを改善できます。 その方法とは、しなやかな筋肉を作り、運動する。以上! ということで、アスレティックトレーナーでありAヨガインストラクターの「クコの森」シノちゃんによるガイドで、体をチェックしたり、動かしたり、整えたりする時間がスタート! シノちゃんといえば、『鶴瓶の家族に乾杯 能勢町編』で俳優の三浦春馬にガイドした人

なので、三浦春馬もガイドしてもらっていたポーズも☟

そう、体側をのばし。

さらに、血液を循環させるのに必要な筋肉のばしもおこないました。

続いて、自分は、はたして、筋肉がほどよく付いているのかのチェック

参加者の皆さんは、なんと、

血液循環に必須といわれる

太もも、

ふくらはぎ、

インナーマッスルの筋肉

も、ちゃんと持ってる人たちでした。

なのに、冷え! ということは、普段、体を動かしていないということなんですよね…。

筋肉という宝の持ち腐れにならないように、動かしてくださいよー。

運動すれば、ストレスによる自律神経の乱れが改善されやすく、末端冷えにも効果的。

最後は、筋膜リリース

筋膜リリースとは、最近話題ですが、

体全体に張り巡らされている“筋肉を覆う膜”のよじれやねじれを解消して正常な状態に戻すこと。

実は、これ、いわゆる、昔ながらの「 手当て」なんだとか。

腰が痛む人には、仙骨や太もも前に、手をしばらく当ててあげる。

首や肩が凝る人には、脇のあたりにしばらく。

すると~、

使えていない筋肉に、

本来持っているしなやかさが戻ってくる~。 今回は、参加者同士互いにやり合いっこしました。

温かくて気持ちイイんです。

だから、冷え改善のために自分で自分に筋膜リリースをしたい!と思うかもしれませんが、

体を動かしたほうが早いとのこと。 冷えで困っている人は、

しなやかな筋肉を作りましょ!

毎日、できるだけ動きましょ! これが、一番の効果が期待できる 冷えとり です。ホントに。 冷えは、ずっと、つきあうものじゃありません。 改善できるんですよ。

続いては、おやつタイム!

五平餅セラピー!

写真のシノちゃんが持っている長い植物をお茶も味わいましたよ。

レポート④はこちらから⇒☆☆☆

VERY PARADISE!では、里山リトリートをはじめ、心身の健康にまつわるカジュアルなイベントや講座を開催ししています。ぜひご利用くださいませ。不定期開催なので、こちらをチェックしてみてくださいね⇒★★★

#里山リトリート #エクササイズ #ヨガ #冷え

11回の閲覧