ステイホームで必ずやっておきたいセルフケア。それはなぜ?

更新日:2021年1月20日


外出自粛

在宅ワークなど

ステイホームで

これまでと異なる生活を

続けているあなたは、

今、ストレスをかんじていますか?



いいえ、と答えた人も、

読んでみてくださいね。



だって、誰もがストレスを感じているはずだから。




こんにちは。 

じぶんを整え

じぶんにフィットする

ライフスタイルをコーディネート

VERY PARADISE!

福田愛です。




ストレスは、実は、

イイもワルイも

変化」によって、

発生します。




ストレスの原因は、変化です。




というのも、



人間にとって

「変化」は

「危険」なのです。




「変化」は、

死に近づく危険かもよ」。

というサインであると、

インプットされているんです。


大げさではなく、

科学で証明されていることです。


脳の中の

扁桃体という部分が

いつも「危険(変化)」

を探しているのです。


生き延びるために

探しているのです。




「変化」とは、


日常の習慣をちょっと変えたことも、「変化」。



日常生活が変わったら、もちろん「変化」。



気持ちのちょっとした乱れも、「変化」です。




そうなんです。



今、日本中が急激な「変化」を感じていますよね。


つまり、脳は「危険」を感じているんです。





生き延びなければ!!!





というモードになっているんです。




私たちは、もしかしたら、

自覚していないかもしれませんが

体の中では、動きがあります。



生き延びなければ!となったとき、

人間の体では何が起こるでしょうか。




扁桃体が危険を察知したら、

自律神経へ知らせます。



自律神経は、

体中に張り巡らされている

重要な神経です。




それはイカン!


という

自律神経の高ぶりで、

体は、逃げる

(生き延びなければ)

というモードになります。



狩猟時代、

獣に襲われそうになったとき

逃げたら、

生き延びることができた

という記憶を

脳の片隅に残しているからです。




脳から指令が来ると、

自律神経は動きます。



自律神経には、

活発型の交感神経

リラックス型の副交感神経

がありますが、


危険を感じたときは、

交感神経が活性化されます。